どれくらいの規模?

規模は様々な選択がありますが、日本で挙げるウエディングのような何十人も呼ぶようなものをされる方は少ないはずです。
海外挙式では親族友人を合わせて三十人も呼べば大規模なものといえるでしょう。
こうした規模の選択がたくさんあるのはハワイなど日本人に人気のあるリゾート地での海外ウエディングでしょう。

現地ホテルに併設されたチャペル、もしくは専用のゲストハウスと教会を組み合わせた挙式はローカル色も出て思い出に残るものになりやすいですね。
人数が多いと挙式と披露宴の間の移動や時間設定も重要になります。
迷子が出ると立ち直すのが本当に難しくなるので、ホテル内で全部完結できるものにするのが好ましいです。

一方で二人きりでやるのであれば写真撮影から教会での宣誓まで融通が利きます。
二人の思い描く式、特別でオンリーワンな挙式にもなると思います。
一日だけでなくて何度かに分けて場所を変えて写真を撮るのも良いのではないでしょうか。
たくさんの人を呼ぶようなお披露目は日本で別途開いてしまって、少人数に限定したツアーに海外ウエディングはまとめてしまったほうが楽だといえるでしょう。
友人を呼ぶのもごく少数にしておかないとみんなに気を使えないので、後々トラブルになってしまうこともあります。

そのほかの入居選択肢とは

さて、介護を必要としている人が入居出来る施設には、ほかにどのような施設があるのでしょうか。

その一つに、『介護老人保健施設』があります。ここの『介護療養型医療施設』との違いは、二つは似ていますが、こちらはどちらかというとリハビリ方面に重点を置いているという点です。
対して介護療養型医療施設は、医療行為そのものに重点を置いています。こちらも、症状が改善すれば退去することになりますが、その基準が介護療養型医療施設よりも厳しいものになっています。どちらにしても、これらは改善が見込める場合に利用出来る施設、と理解出来ます。

それに対して、『特別養護老人ホーム』がありますが、こちらは途中で退去するというよりは、終身型の施設、と言えます。それでも介護を受けることができますが、この施設における『介護』は、生活のサポートが中心となっています。今後の回復を見据えたものではなく、要介護者が生活出来るよう助けることがメインとなっています。

どの介護施設に入居できるかどうかは、要介護者の要介護度によって左右されます。今後の回復が見込めない場合は、特別養護老人ホームに入居ことが多いでしょう。この施設は、入居希望者が多く『難民』が発生しています。

介護療養型医療施設の利点とデメリット

実際に介護を必要としている人がどのような程度の介護を必要としているかにもよりますが、その一つの選択肢として、『介護療養型医療施設』を選択することができます。この介護療養型医療施設には、どのような特徴があるのでしょうか。誰もが最初に想像する『老人ホーム』は、そもそも介護を必要としている人は入居することはできません。比較的健康な高齢者が入居する施設となっています。

対してこの介護療養型医療施設は、介護を必要としている人が入居する施設です。根本的なところから目的が異なっているのです。要介護者の中には、今後においてその介護状態が改善される見込みがある方がおられます。そういった方は、リハビリ等を同時に行うことがありますが、そういったリハビリや、様々な医療を提供するのが、介護療養型医療施設の特徴となっています。老人ホームが住居だとすれば、介護療養型医療施設は、病院のような役割となっています。

その面から、老人ホームなどにおけるサービスとも異なっています。様々な医療やケアを受けられる反面、入居者同士の交流という面では殆ど無いところもあります。メインとしている部分が、医療という分野なので、当然違いがあります。