介護療養型医療施設の利点とデメリット

実際に介護を必要としている人がどのような程度の介護を必要としているかにもよりますが、その一つの選択肢として、『介護療養型医療施設』を選択することができます。この介護療養型医療施設には、どのような特徴があるのでしょうか。誰もが最初に想像する『老人ホーム』は、そもそも介護を必要としている人は入居することはできません。比較的健康な高齢者が入居する施設となっています。

対してこの介護療養型医療施設は、介護を必要としている人が入居する施設です。根本的なところから目的が異なっているのです。要介護者の中には、今後においてその介護状態が改善される見込みがある方がおられます。そういった方は、リハビリ等を同時に行うことがありますが、そういったリハビリや、様々な医療を提供するのが、介護療養型医療施設の特徴となっています。老人ホームが住居だとすれば、介護療養型医療施設は、病院のような役割となっています。

その面から、老人ホームなどにおけるサービスとも異なっています。様々な医療やケアを受けられる反面、入居者同士の交流という面では殆ど無いところもあります。メインとしている部分が、医療という分野なので、当然違いがあります。