そのほかの入居選択肢とは

さて、介護を必要としている人が入居出来る施設には、ほかにどのような施設があるのでしょうか。

その一つに、『介護老人保健施設』があります。ここの『介護療養型医療施設』との違いは、二つは似ていますが、こちらはどちらかというとリハビリ方面に重点を置いているという点です。
対して介護療養型医療施設は、医療行為そのものに重点を置いています。こちらも、症状が改善すれば退去することになりますが、その基準が介護療養型医療施設よりも厳しいものになっています。どちらにしても、これらは改善が見込める場合に利用出来る施設、と理解出来ます。

それに対して、『特別養護老人ホーム』がありますが、こちらは途中で退去するというよりは、終身型の施設、と言えます。それでも介護を受けることができますが、この施設における『介護』は、生活のサポートが中心となっています。今後の回復を見据えたものではなく、要介護者が生活出来るよう助けることがメインとなっています。

どの介護施設に入居できるかどうかは、要介護者の要介護度によって左右されます。今後の回復が見込めない場合は、特別養護老人ホームに入居ことが多いでしょう。この施設は、入居希望者が多く『難民』が発生しています。